[社会人がワーホリを考えたら、読む体験談:渡航前編]

「[社会人がワーホリを考えたら、読む体験談:渡航前編]」のアイキャッチ画像

こちらの記事は、2020年社会人3年目の私が仕事を辞めてスウェーデンで一年間ワーホリをするにあたってぶち当たった壁(主に税金関係)について体験をシェアしたいという思いが詰まったものになります!笑

私の場合、2020年4月まで正社員。2020年8月まではアルバイトという雇用形態。ハローワークには行かず。ワーホリ行く予定で求職活動は違うし、アルバイトもさせてもらっているし・・・という状況でした。

最後のToDoリストにて、ご自身に必要なものなどご確認いただければ幸いです!私は手帳に書きだす派ですがご参考までに・・・

海外で憧れの、ワーホリ!計画するだけでワクワクしますね😊✈

必ずご自身で、お住いの市町村窓口でご確認ください。当ブログにおいて責任取ることはできません。

ワーホリ期間、どないする?

まず、一番最初に考えるべきはワーホリの期間。一年間のワーホリに挑戦するとして、何月から始めるのが良いのか?

申請からビザが下りるまでの時間を申請予定の国に確認することをお勧めします。

スウェーデンの場合は4か月。いつまで仕事を続けるのか?ビザが下りてから、せめて一か月は準備をしたいですよね、、、?ということで開始希望日から逆算して、スウェーデンなら半年前には申請するのが良いかと思います。

スウェーデンのワーホリ申請に関しては、こちらをご覧ください。

控除が受けられる税金関係

続いて、気になる控除関係。仕事を辞めてから、ワーホリまでの準備期間の参考までに・・・!

私は、税金とは社会を動かすためには必ず必要なもので払わなくても良いとは思いません。しかし、ワーホリに行くとなると、収入はないのに生活費等で多額の出費が必要になる場合もあると思いますので、払う義務がないのなら、今回は勘弁してほしいというのが本音。

それでは、実体験を交えながら少し説明させてください。

きよさん、分からないことは基本電話☏。
お問い合わせ先にメールは無いので、電話してましたね~。
聞けば意外と教えてくださるものです😊二回は同じことを聞いてましたね、ありがたや。

まず、私たちが納税しているもの・社会保障費たちについて・・・

  1. 市民税+都道府県税
  2. 社会保険(→国民健康保険)
  3. 年金

のざっくり3つではないでしょうか?

ちなみに、1月1日に日本に住民票がなければ、翌年の市民税は課税されないそうです。

ワーホリに行く前・ワーホリ中の税金関係についてお話したいと思います。

ワーホリに行く前
市民税+都道府県税→全額払っています。退職理由がポイント!離職票をもらうのですが、自己都合で退職となると減税は難しいかも。ご自身の納税先に、この場合は控除を受けることができますか?と電話で聞くことをお勧めします。その際、会社が納税管理局に「異動票」を提出していないと、そもそも減税されるかの審査も受けることができません。私は減税を受けることはできず、払っています。こちらは、日本から住民票を抜いても払う義務があります。 詳しくはこちら

社会保険(→国民健康保険)→全額払っています。仕事を辞めてフリーランスになったので、今は国民健康保険に加入しています。

年金→全額免除してもらっています。離職票を持って市役所で手続きするだけでOK!私は2か月ごとに控除の申請のために市役所に通いました。
ワーホリ中

市民税+都道府県税→全額払います。一括で12万円ほど。事前に自動引き落としの手続きをしました。 こちら

社会保険(→国民健康保険)→住民票を抜いた時点で払う義務がなくなります。私は15万円ほど免除されました。

年金→全額免除中。日本に住民票がないと、こちらも任意加入となりますので年金を収める必要がありません。

年末調整どないする?

そう!真相はよく分かりませんが、税務署の確定申告の方に電話で伺ったところ、年末調整とは、そもそも過払い感のある所得税を保険やらなんやらを考慮して返してくれるというものらしいです。

私の場合、2020年の4月で退職しているので、2020年度の年末調整は会社にお願いすることはできません。話によると、こちらの年末調整的なことは、自分で税務署に問い合わせると可能らしく5年間さかのぼることができるため、ワーホリから帰ってきてからでもOKですよ!と言われました。

とはいえ、私は青色申告をしたいので(いくら控除が受けられるのかはともかく)申告する義務はないけど申告予定なので、この年末調整的なものは使わない予定です。

もし、利用された方がおられたらぜひ教えて頂きたいですm(__)m

予防接種が必要?抗体があるか心配?

厚生労働省がだいしてるこちらを要確認。母子手帳で受けたことのあるワクチンを確認しましょう!

スウェーデンは別段予防接種は必要ではありませんでしたが、地域によっては必要&安心かもしれません。私はおたふくかぜにもはしかにもなったことがありません。スウェーデンに1年間留学するときは気にならなかったのですが、コロナのことがあり今さら心配に。。。考えあぐねた末海外渡航の為のワクチンを打ってくれる病院を予約までしたのですが、コロナ患者も受け入れているため、キャンセルしました・・・。ワクチンは接種の回数や種類など抗体や感染歴などによって異なるので、渡航せめて3か月前(と言われた気がする)には受診した方が良いと思います!

ワーホリに旅立つ2週間前

そわそわしますよね、旅立つ2週間前。もう少し?まだまだ?

スーパーで安売りをしている時に賞味期限をかくにんしつつお土産を購入しておく。ネットでの購入が必要なものは注文しておく!そして、お勧めは銀行のお金を確認しておくことです。私は旅立った後もクレジットカードと住民税のお金が引き落とされるので、その分のお金が残高にあるか確認しておきました。万が一、お金が引き落とされないと滞納したぶんのお金が余分にかかることになるので、少し多い目の額を普通預金に置いておくことをお勧めします。

ここでお伝えしたいのが、旅立つ前日に住民票を抜く必要はないということです。私は10日ほど前に住民票を抜く手続きをしました。保険証は、封筒に入れて郵送すれば旅立つその日まで利用可能です!ただ、マイナンバーカードは手続きをしたその日に失効となるので、マイナポイントの恩恵にはあずかることができませんでした(´;ω;`)

また、渡航先で住所が定まっているという方は旅立つ前に「在外選挙人名簿」への登録を申請することができます!直接窓口に持って行くなら第四号様式の3のみでOK!申請時に免許証のコピーを取ってもらっただけでとても簡単な手続きでした。準備ができたら在スウェーデン日本大使館より連絡があるそうです😊

To Do リスト✐

□ワーホリの渡航先を決定
□ビザに必要な書類集め
□ビザの申請
□飛行機の予約 
※航空会社により値段は異なると思いますが、船便で荷物を送る料金と航空便の手荷物を追加する料金の比較をお勧めします。船便でよさそうな荷物は船便がお得かも・・・!
□仕事を辞める?退職時期を考える
□仕事を辞めたら→離職票を片手に市役所へ
□語学学校や住むところも探しますか?
□生命保険会社に伝える
※会社によっては、海外にいきます!という届けが必要な場合も!
□日本円を外貨に換える
※一番安い方法を調べましょう
□お土産を購入
□必要なものをネットで購入
□市役所で住民票を抜いておく
□SIMカードのロックを解除する
※auは自分でできます!Myauで調べたら出てきます。
□日本の家族に伝えることを伝える
□私は国際免許を取得しました!
※取得した日から開始なので、早すぎると有効期限も早く切れます(;´・ω・)
□携帯電話の解約
※解約したその時から使えなくなるので不便。
□国民健康保険証を郵送
□搭乗前日!コロナがあるので、入国の際に必要な書類を確認!

いいかがでしたか?記憶が新鮮な内に、シェアしたいことを書きました。(パソコンだけど)乱筆乱文をお許しください。。。苦笑

私も、税金のことなど勉強中の身です。コメントなどいただいて深堀できたらとても嬉しいです!!

それでは、素敵なワーホリを❁