[太陽君のmelancholyな彼女の扱い方]

「[太陽君のmelancholyな彼女の扱い方]」のアイキャッチ画像

この記事は、自分のために書いています。ということを先に断らせていただきます。

最近いろいろと思うことがありまして、今から書くことを考え出すと目が冴えて寝付けないのです。


太陽君こと夫は、優しいロマンチストで彼との出逢いを通して私自身強くなれたし、何より「自分の人生に真剣に向き合うことができる人」と、第三者の方に言ってもらうまでになりました。

前半はたぶん、相手と自分のお互いが頑張ること。後半はきっと自分の気持ちの持ちようについて。

腹を割って話すこと


腹を割って話す。不安に感じたこと、気になること「私は、○○があって、~という気持ちになった。」あくまで自分がどう考えたのか(I メッセージ)を伝える。

頭に浮かんだことを、ひっちゃかめっちゃか話すのではない。私たちの間には、付き合い始めてからのこの4年と少しの間に、数回にわたり大きなconflictがありました。

その度に、conflictを通して二人のお互いに対する信頼が確かなものになったと感じています。

Put yourself in his shoes.

相手の靴をはいてみる。英語のことわざ。

何で、相手は悲しんでいるのだろう?どんなきっかけで怒っているのだろう?

相手の靴をはいてみて、想像してみる。そして「~と思ってる?」「~が辛い?」と聞いてみる。

私が苦しんでいる時、いつも太陽君はこうして私をなだめてくれます。

気持ちを考えると言えば、感謝を伝えたい私。

太陽君が健康で生きてることに、ありがとうと伝えています。ついでに、太陽君の母語のハンガリー語を学んでいて、『kincs』という言葉に出逢った私。Kincsem!というと、お母さんにそう呼ばれてたらしく、思わず。笑

忙しいときにメッセージをくれたり、(同棲中は、家事をしてくれたときも)そのほか、たくさんのことに感謝の言葉があふれます。
いちいち言わんでいいって言われましたが←苦笑
一生共に過ごすなら、この些細なことが潤滑油になるし、「ありがとう」は無料やん!というのが私の言い分。

Jess BaileyによるPixabayからの画像

『Nagyon szeretlek! ♡ Jag älskar dig!』

「愛してる」と伝える。特に遠距離だと気持ちは伝えないと分からないもの。

自分は、遠距離で寂しいのに相手はそこまで寂しそうじゃない。安心させようとして、そう振る舞ってる?のかもしれないけど、、、
何でか、気分が落ち込む。遠距離辛いし、別れようかな?

自分がかけて欲しい言葉を相手にかけると、自分に返ってくる。

太陽君は、私を安心させるため+自分も安心するため、平均6枚の写真で日々の様子を伝えてくれています!笑

私はというと、写真を送ると言ったものの三日坊主でした← 反省して今は毎日写真を送るようにしています。本日たぶん3日目。苦笑

アンガーマネジメントを身に着ける

アンガーマネジメントを身につける。

遠距離で、寂しさや悲しさが怒りの感情になった時。少し時間を置いてから話す。この怒りが守ろうとしている自分の感情は何?と問いかける。

最近では、本能的にこれを悟った太陽君は、雲行きが怪しくなると電話を切ってくれて「ちょっと落ち着いてから話そう」と。さすがです。

思ってもない(本心)ではないけど、思わずこぼれてしまう言葉。危険。

感情の癖に気づく

感情の癖に気づく。ライフコーチが最後のセッションで教えてくれたこと。

私が不安な気持ちを吐露する時(たいてい、かなり不機嫌になる)は、思い出せるだけで3回あるのですが、

①第三者に横やりを入れられたとき(絶対、私を心配してくれてただけなのですが。)

付き合い始めて帰国→共通の友達に夫と付き合ってることを心配された時
今から思えば、私たち二人にとってたぶん必要なことでしたが当時は怒りの感情が涌き出て大変でした。とは言え、自分の気持ちを隠して「はい、じゃあ別れましょう。」とはならず、どうしたらいい?どんな言葉をかけて欲しい?など、二人の関係を続ける方向で話し合いができたのがよかったなぁ、と思います。


この関連で言うと、

過去に付き合った人達の話題は、お互いを悲しませないために避けて通るカップルが多いのでは?と思います。とは言え、私の場合聞いてないのに周囲が(たぶん親切心から?)、前の彼女はね、と教えてくれたことがありました。自分は嫌な気分になったので、絶対に他の人に同じことはしないと誓いましたが。苦笑

当時は、これは敵わん。後塵を拝するとはこのことか!とひどく落ち込みました。そんな私を救ってくれたのは、これまた聞いてないのに教えてくれた?(記憶が曖昧なので、自分から聞いたかも←)共通の知り合いと、太陽君の言動でした。

知り合いの「え?付き合ってたの?本人は付き合ってない。」って言ってましたよ。←私メガネで解釈すると、・・・・・?

↑腹黒い私は、この考えに至った時かなり気分が晴れ渡りましたね。

とはいえ、私自身、初めてお付き合いした方と別れる際に「お互いのために助言をしあう」ことを通して、思ってることは相手に伝えなさい。ということを教えてもらえたので、太陽君の過去の恋愛経験に対しては、若干やきもちをやかないわけではないですが、今の二人の関係には必要な肥しだったのだと、感謝しています。


「まぁ前の彼女に比べるといろんな面で劣るやろうけど、気にしてるし、努力はしようとしてる」的な私の発言(比べないでね、比べても口にはするな!という潜在的な意図があったと思います)に「結婚を考えたのは、あなたが初めて。それに一番長く付き合ってる。」と太陽君。

↑確かに~~!そりゃそうだ、。これからも、最長記録を更新し続けよう!笑。となりました。

Sabine van ErpによるPixabayからの画像

②私がしっぽり飲みたいときに知人友人を誘っていたとき

「何で黙ってるの?」と泣きましたね。たぶん、真剣に話したいことがあったと記憶しています。他の人もいるなら参加したくなかったのに←

おこちゃまな私。
太陽君の友人の前で揉めたあと、先に帰る私を駅まで送ってくれた彼を泣かせてしまいました。

居酒屋に帰って、友人達と女というのは←みたいな話をしたとか言ってたような。。。。

今さら猛省しています。

その時に、一緒に飲んでた人にあったら謝りたい。この場を借りて「ごめんなさい!」

さすがに、数日間連絡をおらないで置くことになりましたが、何やかんや、あっけなく元通りになりに。

根が優しい太陽君。「ずっと写真で美味しいものを食べたよとか伝えたかった!」と言ってくれました。


③私は、太陽君がが帰国して、悲しく毎日些細なことで泣いてたとき

太陽君はそんなさみしがっていない。と誤解して、
「なんで悲しくないんだ!」と思いましたが太陽君は、「ぼくは、帰国前、私みたいに悲しんでたよ!それに、寂しいよ。」と言われて、

そういえば帰国前、しくしくしている太陽君に「寂しいけど、まぁ今は大丈夫かな。すぐ会えるやろ!」と言い放った自分を思い出し、申し訳ない気持ちになりました。

私の場合、感情が押さえられなくなるのは太陽君の言動というよりは、


①周囲からの働きかけがあるとき
②期待を裏切られたと、一人で勝手に誤解したとき


今のところ、①新たにどうこう言われることはなさそうですが、太陽君に「~と言われて私の気持ちは-100°です。事実確認を。」という感じで話し合いのきっかけにしたいと思います。


②太陽君に相談すると、案外「あぁ同じ想いなのね」とか、「そういう意図があったのか!」となることが多い(というか殆どがそう)ので、何かあれば結局こちらも話し合いで解決という方向で。

私にできることは、感情に隠されている本当の気持ちを調べること、頭で考えすぎないこと。

客観的にお互いに質問すること。かな?と思います。

さて、読んでいただいてありがとうございました。メランコリーな私から見た太陽君。


最後に、同棲を始めるときの太陽君の言葉

『ふたりの関係を通して、自分についても気づくことがある』

StockSnapによるPixabayからの画像

私の場合、夫のお蔭で強い自分に気づくことができました。

夫が入籍を通して気づいたことは秘密ですが、、、

お互いに腹を割って話せる関係性の素晴らしさと夫への感謝、

これまで私たちの人生に関わってくれたすべての方への感謝で筆を擱きたいと思います。