[スウェーデン×ワーホリ:体験談×4!?]

「[スウェーデン×ワーホリ:体験談×4!?]」のアイキャッチ画像
google.com, pub-1149054337580433, DIRECT, f08c47fec0942fa0

感謝の言葉しかありません。スウェーデンワーホリ滞在中(2021年3月現在)の3名の方がご自身のワーホリ体験談を共有してくださいました(´;ω;`)✨✨✨

「コロナだけど、実際ワーホリどうですか?」というお問い合わせを去年にいただきました。

引きこもっている私の役に立ちそうにないお話をご紹介してから申し訳ない気持ちに💦

留学がコロナの影響で難しく、ワーホリに切り替えようかな?という方もいるかな。なんて考えたりしています。

もっと色んな方のワーホリが知りたい!&紹介したいと思っていました。

ではでは、さっそく始めましょう!

①日本での職歴を生かし、アルバイト!

Twitterを通して知り合い、ワーホリについて色々とお話させてもらっているChisatoさん(Twitterはこちら)! 

とても気さくで、このコロナ渦でお仕事をされている!?とても行動力とスキルのある方です。以前、Twitter の投稿で、Chisatoさんのヘッドマッサージが気に入って、再度来店された方のエピソードを目にしたことも! 

どうやって、お仕事を見つけられたのか?お仕事はどんな感じなのか?気になって仕方がない! 

ということで、今回ブログへの寄稿をお願いしたところ、快く引き受けてくださいました(´;ω;`)✨おやさしい・・・ 

Chisatoさん

初めまして、ワーホリビザで滞在中のChisatoと申します! 

このブログのkiyoさんとはビザ取得から今まで、情報共有させて頂いたり、質問や相談などいつもお世話になっています。(ありがとうございます!)  

今大変な世の中になっていますが、運よく仕事も出来るようになったので、出来る限りお話できたらと思います。 

今のスウェーデン人の彼とは約1年、遠距離でした。 

行くと決めたタイミングは、どコロナ禍。EUの国境閉鎖中でした。 

ということで、ビザがなかなか降りない、、、、、滝汗 

オーストラリアのワーホリビザは申請した3秒後には許可が下りていました(爆速)  

そんな感じかまぁ長くて1週間位だろうなんて鼻くそほじりながら生活していたのですが結局丸3か月かかりました。。(コロナと移民局の夏休みが被ったせいかも?) 

その後無事に渡航できたので良かったですが、やはり仕事を見つけるのは難しかったです。 

仕事探しのサイトでみてもパソコン仕事(まったくできない)や英語が完璧にできないとダメとか場所が遠いものだったり。。 

そんな時に近くの駅でインテリアがどツボな美容室を見つけました。HPをみたらスタッフ募集してたのでレジュメ(英語で書いた履歴書を送ったところ返信が。 面接をすることになりました! 

ですが不安なところが。 

アシスタントで4年美容師していましたが、それは受け入れられるのか、と。 

美容室は最初から最後まで1人のスタイリストが担当するので、アシスタントはいらないといえばいらない訳です。 

ほんとにそっくりそのまま言われました、いらないと(笑) 

ですが、普通に一通りの技術はできるし、日本での技術には自信があったのでゴリ押し自分売りまくった結果、、採用されました! 

でも、フルタイムではなく土日のみでJrスタイリスト兼ボスのアシスタントという感じです。仕事は、スタッフの中に外国人がいるので英語が喋れれば問題ない感じです。 

同僚はかなりといっていいほど優しく気さくで、ボスにいたっては(顔はかなりポーカーフェイスなのに)お母さんみたいな温かさ。いつも、元気?困ったことがあれば言って!と声をかけて助けてくれます。 

働き方に関してはスイッチのオンオフがしっかりしていて、暇になった瞬間ソファーに座ってFikaが始まります。外でショッピングする人もいます。 

日本で働いてる時は暇でも掃除したり、座ったりすることは無かったので衝撃でした。。(こっちの方がいい 小声) 

定時になった瞬間帰るし、子供つれてきて仕事する事も普通な感じです。(絶対こっちの方がいい 小声) 

肌で感じるのは、手に職をつけるということは、世界でも仕事ができる、コミュニケーションがとれるという事なのだと日々感じています。あとかなり日本カルチャーは人気です(笑) 

日本人が全くいない環境なので、こうしてSNSやネットで関われる事に嬉しく思います! 

最後になりますが、コロナの収束、また色々な所に行けることを願って!! 

Lycka till ! 

いかがでしたか? 

読者の方の中に、これから職業をどうしようか考えてらっしゃる方がいて、海外移住を目指すなら「手に職」を軸に将来を考えることも良いかもしれない・・・!と思った次第です。 

Chisatoさんの行動力、そして日本で培った技術を生かす術!! 

学ぶことの多い体験談を、本当にありがとうございました😊 

ChisatoさんのTwitterは こちら 

撮影 きよ 「手に職・・・」スウェーデンできのこ🍄博士になろうかな・・・

②せっかくだから、フレキシブルなワーホリ中!

SNSを通して知り合い、オンラインfika(フィーカ)をさせていただいた、えがおさん。

とてもフレンドリーで、スウェーデンの前はイギリスにworkawayをしながら滞在。

workawayとは、現地で住み込みでボランティアをする代わりに、宿泊や食事が無料で提供されるどちらもにも利益があるサービスです。ワークアウェイを使うと現地の生活を体験したり、宿泊費・食事代を抑えて格安に旅行をすることができます。なんと176カ国にホストがいますよ!

ノマド的節約術 こちら

ワーホリビザ申請は2020の3月。まだ日本にいる時にオンライン申請し、ワークアウェイでイギリス滞在中(2020年7月)に移民局から連絡あり希望渡航日を申告→8月にビザが降りたという感じだそう。

スウェーデンのworkawayで一番いいなと思ったのは・・・
一般のご家庭に住んで、子供たちのお世話+家族のお手伝い+家を建てるお手伝い!?などをしながらステイするもの。牧場でのステイもあるようです!こちら

現在は、スウェーデンのストックホルムの近くに滞在し、オンラインでお仕事をされているそうです。アルバイトを始めると、場所が固定されて動きづらいから、どうしよう・・・。とのこと。確かに💦

これから春に向けて、WWOOF(主にファームステイに特化 こちら)をしようかと考えていらっしゃるそうです。

これまた、さきほどのChisatoさんとも違うワーホリ!お話が聞きたい!

ということで、今回インタビューをお願いしたところ、快く引き受けてくださいました

(´;ω;`)✨心が海のように広い・・・

えがおさん

今回のスウェーデン滞在、最初ははこちらのblocket(ブロッケット)で見つけたお部屋でルームシェアをされていたそうです。

ちなみに、スウェーデンのお部屋事情は都会に近づくにつれ部屋がない・・・。こちらのお部屋を見つけサイトはスウェーデンの方も利用されるようですが、スウェーデンでの仕事がない場合、安定した収入がない?と見なされ、長期で住むことが難しい(大家さんが嫌がる)ということもあるそうです💦

現在は、ストックホルム近郊の町にこちらのairbnbを利用し滞在中(約約月5万円)だそうです!私も airbnbを利用しましたが、一月単位でお部屋を借りると割引がったり、コロナでお値段自体が下がっていたりするので、おススメの滞在方法です。

ホストファミリーがいい人だからロングステイを考えていらっしゃるとか・・・。

私と同様に日本の貯金を資金源にされて生活していらっしゃるそうです。やはり、ずっとファームステイやworkawayを利用しない状態で、スウェーデンのワーホリを考えるなら、最低でも150万円以上はお金に余裕のある状態が理想かもしれません・・・。

「スウェーデンの滞在はいかがですか?」という質問へのお答えは・・・

「細胞単位で喜んでるって感じ。」とのこと😊✨

魔女の宅急便が幼いころから好きで、そのモデルになった場所がスウェーデンにあると最近知ったそうです。何か運命的なものを感じませんか?

私がインタビューで印象に残ったのは・・・。

自然も、考え事を邪魔してこない風景が好き。静かに寄り添ってくれている。自分には田舎が合うなと思った。イギリスとは違う心地よさがある・・・。

というフレーズたち。読者の皆さんは、どんな景色を想像されますか・・・。

スウェーデンでの滞在を、フレキシブルに考えているえがおさん。2021年4月以降は、「ちょっとファームステイも行きつつ、拠点を定めて過ごそうかな」とのこと。

さきほど、出てきたイギリスでのworkawayのお話も伺いました!

えがおさんは、ベビーシッターとして一般家庭に住み込みで家事、育児などのお手伝いをされていたそうです😊家族の一員として過ごすことができて、お子さんの成長も見守ることができて、忘れられない経験になった!というエピソードが印象的でした。そんな経験をポイントごとに教えていただきました!

❀おススメポイント

ホテルと比べて現地の人と交流できる

現地の家庭に入れる

❀注意点 

プライバシーがなくなってくる。

自分の時間が無くなってくることも・・・。

❀これが必要?

ずぼらさ

コミュニケーション力 

いかがでしたか?

読者の方の中に、ワーホリで何をしようか考え中!フレキシブルでいたい・・・という方!

えがおさんのように、ひとまず住む場所を見つけ、そこからwwoofやwarkawayを活用して滞在先を探すこともアリかもしれませんね。

コロナでも受け入れを続けている牧場やお家があるようですので、今すぐワーホリしたい!という方にとって平常時のようなワーホリができる可能性がある。ということは朗報ではないでしょうか?私の勝手なイメージですが、ワーホリと言えばファームステイ、ベビーシッター(オペア)?の印象があります・・・。

貴重な生の体験談を、誠にありがとうございました😊 

撮影 きよ スウェーデンの秋を北から南まで・・・とかも楽しそう。

③ワーホリ→フルタイムの仕事をGET!!

一般的に、ワーホリで海外に行かれる方の中にはワーホリ中に現地で仕事を見つけられたらいいな~という方もおられるのではないでしょうか?

こちらの、Mikiさん(Twitterはこちら)とはTwitterを使い始めてから、すぐ意気投合しオンラインfikaもさせてもらったりとお世話になっています😊また、保険やスウェーデン滞在のことについて色々と教えてくれる頼りになる存在!

先日、努力の甲斐あってフルタイムのお仕事が決まったそうです✨おめでたい🎉🎉🎉

詳しい、お仕事の探し方やtipsはMikiさんのブログをご覧ください!こちら

アップロードした画像きよ

改めて、今回ワーホリ体験をご共有いただいたChisatoさんMikiさん、えがおさん。ご多用な中、ご協力をありがとうございました!

お知らせ&お礼

最後まで読んでくださり、ありがとうございました😊

また、最近「ブログを見ました!」とプライベートメッセージをいただく機会が増えました!!!

ありがとうございます😊✨素直に、嬉しいです。

Twitterのアカウントを2つ作ったために、メッセージを放置してしまっていたのでメッセージを送れるアカウントは一つに絞りました。お返事が遅かった方、本当に申し訳ありませんでした💦

SNSの使い方が分からないので、インスタグラムは基本メッセンジャーとして使っています(韓国人で、センスの良いオッパよりインスタグラムの品のなさに対し、アドバイスのメッセージが来ました)←苦笑

アラームをセットし、毎日SNSタイムを作ったので、もう未読スルーはしません。苦笑

何かご意見コメントなどありましたらお気軽にご連絡ください🌸

④ご隠居?自宅警備員?

このブログを読んでくださっている方なら、この↑タイトルで誰のことか分かっていただいたのでは?と思います。そう、私は相変わらずです。将来の自分用のような備忘録。読み飛ばしてくださってOKです😊

撮影 きよ 一つ年を重ねました。ははは

目新しいことと言えば。今年も、まるさんの手作り料理とセムラ(焼きすぎた)でお祝いしてもらい一つ年を重ねました。それと、以前私のスウェーデンでの仕事について書いた記事で紹介させてもらったライター的な?記事が、無事終了(´;ω;`)✨ こちらです。お恥ずかしい、けど嬉しかったのでちょっと紹介させてください←

そして、まるさんが症状の酷い病気になりました😨。もうほぼ治って、今は洗面所をモップでピカピカにしてくれています。

家のドアノブを触っただけで消毒してたのに(そんなに?消毒いる?と思っていました。)、なぜかウイルス性の病気に・・・。仕事をいっぱいして、アパート探しもがんばって。疲れがたまっていてウイルスへの免疫力が下がっていたのかな・・・?

「住所、言ってみて。いざとなったら112に電話して。」と言われ絶句。夜もすごい汗で3回くらい着替える羽目に。←私は安眠していたらしいです😨。

今年で6年を迎える私たちの関係の中で、一番病気になったまるさん。土曜日の緊急受診できる病院へ行ったりと色々あったけど、治って良かった。

本当に、いざという時にスウェーデン語ができないと大変(薬を2回買い間違える。お店の人に聞いたけど、箱が似ててお店の人も間違えてた~。確認してない私のミス。)!!!!

コロナが悪化して、ずっと辛いという人も現にいる訳ですよね。改めて苦しむまるさんを見て痛感。ということで、誰からのお誘いも基本はポスク後外で(´;ω;`)ということで延期してもらっています。

何を言いたいのか、分からないけど💦皆さんも、ご自愛ください!まぁ、どんなに消毒しててもウイルスに感染する時は、するみたい。ストレスは大敵!自分を甘やかしてあげる時間を作ってあげてください

私の、たらたら体験記も読んでくださった方。思いやりのかたまりですね🌷🌷

ありがとうございました!!!!では、またブログでお目にかかれるまでお元気で👍