✈EU入国link

「✈EU入国link」のアイキャッチ画像

こちらの固定ページでは、EU(スウェーデン)への入国制限を2週間ごとに見直す際に役立ちそうなサイトURLをご確認いただけます😊

私も、2週間ごとの更新をチェックし情報を更新するつもりですが、ご自身でも必ずご確認ください。

外務省の「たびレジ」登録はお済ですか?
登録のメールアドレスにスウェーデンの情報を送ってくれるので便利だそうですよ!
渡航が決まったら、感染症・テロ情報も確認して備えましょう。

2020年9月28日現在 日本→スウェーデン ○

スウェーデン政府 こちら (2020年8月28日)

入国制限とは?

私は、日本を含む比較的コロナの流行が落ち着いている一部の国の人はEUへ旅行にいってもいいというものだと認識しています。

一部の域外国からEU加盟国および欧州自由貿易連合諸国への不要不急の入域制限を、7月1日から解除する勧告採択した。制限解除の対象となる国のリストには、日本を含む15カ国が入った。勧告は法的な拘束力を有さず、勧告に従った制限解除の実施は各国の当局が行う

JETRO 日本貿易振興機構(ジェトロ) こちら

最近、日本でも感染者が増えているね・・・。
2週間ごとの見直しの具体的な内容は?

直近の14日間の10万人当たりの新型コロナウイルス新規感染者の数がEU平均に近いこと、もしくはそれを下回っていること。

直近14日間における新規感染者数が、その前の14日間と比較して、安定しているもしくは減少傾向にあること

③感染試験の実施、監視体制、接触状況の追跡、感染拡大の抑制措置など、入手可能な情報およびその信頼性を考慮し、新型コロナ対策が全体的に十分に行われているといえること

さらに、対象国との相互主義、つまり当該相手国がEUからの入国者に対し、同等の待遇を行っているかという点もケースバイケースで随時考慮される。

※リストに入っていない域外国に対して、加盟国が独自に入国制限を解除すべきではないとしている。

JETRO 日本貿易振興機構(ジェトロ) こちら

これだけ見とけば、大丈夫!なウェブサイトたち。

Polisen (Swedish Police) スウェーデンの警察(が入国管理も兼ねているみたい)

→最終的に入国できるかの判断を下すのは、この機関。日本の外務省渡航相談窓口の方にも移民局のかたにも情報をチェックし、必要であれば連絡をとるように言われました。とはいえ、個別に対応してもらえない様子。

スウェーデン警察 こちら

Re-open EU EU(スウェーデン)への渡航情報が地図で分かる!

2020年9月23日更新!日本の名前が。一安心😊

EU こちら

Regeringskansliet (Government Offices of Sweden) 一番上のサイトです!

→スウェーデン政府がコロナに関する情報や、渡航禁止期間などについて発表しています。定期的に確認したいところ。スウェーデン語サイトでLyssnaを押すと、スウェーデン語で読み上げてくれます!文章を見ながらリスニング練習もできますよ!笑

やっぱりスウェーデン政府の情報も確認したいね!

④外務省の海外安全ホームページ 

外務省 こちら

Migrationsverket (Swedish Migration Agency) スウェーデン移民局 

スウェーデン移民局のウェブサイトのコロナ情報はこちら

人によりけり?航空会社の情報をチェック✈

飛行機に搭乗する際のマスクの着用やビザの提示が必要かなどの情報も、航空会社で確認しておきたいところ。

Finnair

→Finnair の気になる運行再開状況・払い戻し等について最新情報が確認できる! ウェブサイト

IATA(世界的な航空機関)のウェブサイト

関空

成田

今年(2020年)の4月に帰国したまるさんは、直前まで航空会社と関空の情報を確認していました。
人によりけりだと思いますが、航空会社にマスクの種類なども確認してから航空に行きましょう!

他に増やしておくべき情報源などありましたら、教えていただきたいです!